エボラ出血熱とはどのような病気なのか

西アフリカでエボラ出血熱が大流行しています。国境なき医師団などが現地に赴いて懸命な治療を行っていますが、なかなか流行が収束する兆しが見られません。治療にあたっている医師や看護師は、常に自分自身が病気に感染するリスクと直面しているため、多方面から大きな賞賛を浴びています。しかし、賞賛されるために治療を行っている医師は存在していません。1人でも多くの患者の命を救うために、今この時も数多くの医療従事者が現地で患者の治療にあたっています。

ブラックワーク特化のトライバルタトゥー専門店
http://tribaltattoo.jp/
自分好みのデザインができるスタジオ

エボラ出血熱は、ウイルス性感染症の一種なのですが、致死率が非常に高いという特徴があります。現在発見されているウイルスの型は全部で5種類ありますが、ウイルスの型によって致死率が異なります。致死率が比較的低いウイルスに感染した場合でも患者の約20%が死亡すると言われていますので、非常に恐ろしい病気だと言うことができます。ちなみに、致死率が最も高いウイルスに感染した場合は、患者の実に90%が死に至ると言われています。また、たとえ助かったとしても重篤な後遺症を負ってしまう可能性があるため、人類史上最悪の感染症だと言う研究者が少なくありません。

価格・材質で比較できる包丁の通販アイテム
http://kakaku.com/cookware/ss_0030_0002/0002/
使いやすさとメンテナンス方法で選ぶのがポイント!

ただし、エボラウイルスが飛沫感染する可能性はとても低く、多くの場合、患者の体液や血液に直接触れることによって感染します。今のところ、有効な治療薬や予防ワクチンは存在していないため、まず病気にかからないように予防することがとても重要になってきます。具体的には、感染している患者や動物の体液や血液に直接触らないようにすることが、一番の予防策になります。空気感染する可能性はほぼ考えられませんが、石鹸を用いて手を小まめに洗うなど、日頃から衛生管理を徹底しておくことが大切です。

ベンチャーサポートが東京の会社設立をバックアップします
http://www.venture-support.biz/new/
安くて速くて融資にも対応可能!

また、たとえエボラ出血熱に感染した疑いがあっても、まだ発症していない人の体液や血液が感染源になることはありません。エボラウイルスは、既に発症している人の尿や血液、汗、母乳などを通じて感染します。このエボラウイルスの感染力は患者が死に至る直前に最高値に達すると言われていますので、亡くなった患者の遺体の取り扱いには細心の注意を払う必要があります。

日本はエボラウイルスを国内に入り込ませないための水際作戦を展開しているため、日本国内で患者が発生したケースはまだありません。ただし、いくら万全の態勢を敷いていても、ウイルスが日本国内に入り込むリスクを完全にゼロにすることはできません。ですので、もしエボラ出血熱の流行地から帰国した後で感染を疑わせる症状が現れるようなことがあった場合は、すぐに保健所に連絡を入れて、その指示に従うようにすることが大切です。国民1人1人が気をつけることで、日本国内での流行を回避できるようになります。