2014年の西アフリカエボラ出血熱流行について

ギニアをはじめとする西アフリカで2013年12月ごろから2015年6月12日まで、世界保健機構(WHO)の発表によると、感染の疑いも含めて27,550名がエボラ出血熱に感染し、そのうち11,235名が死亡(死亡率41%)しました。 対策にはWHOのほかにアメリカ疾病予防管理センター(CDC)、欧州委員会(EU)、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)、国境なき医師団(MSF)、平和部隊、赤十字社(IFRC)などが乗り出しました。 流行は森林地帯が中心で、この地域の葬儀で死者に触れる習慣が流行を加速させ、コウモリや猿などの野生動物を食べる習慣もリスクを高めていると考えられました。 2014年に入ってアメリカ人の感染死亡と医療従事者の感染があり、アメリカの平和部隊はボランティアの撤退を決め、CDCは渡航自粛勧告をおこないました。 2014年8月8日、WHOは西アフリカにおけるエボラ出血熱の流行が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」であると宣言しました。エボラ出血熱の感染者・死亡者数は過去最高に達しました。西アフリカでは初めての流行であり、リベリアのモンロビア、ギニアのコナクリ、シエラレオネのフリータウンでは史上初の首都での流行になりました。 2015年5月9日、WHOが終息の目安としている42日間で新たな感染者が確認されなかったことから、リベリア政府はエボラ出血熱の終息を宣言しました。



エボラ出血熱の流行地域について

世界中で医学が発達していると言うことではないので、さまざまな病気の流行があります。それは毎年異なっていますが、中には非常に恐ろしい病気の流行もあります。最近ではエボラ出血熱の流行がありましたが、流行地域は西アフリカのギニアとシベリアとシエラレオネとなっています。これらの流行地域では感染者数や志望者数が非常に多くなっています。...もっと見る