エボラ出血熱の流行地域について

世界中で医学が発達していると言うことではないので、さまざまな病気の流行があります。それは毎年異なっていますが、中には非常に恐ろしい病気の流行もあります。最近ではエボラ出血熱の流行がありましたが、流行地域は西アフリカのギニアとシベリアとシエラレオネとなっています。これらの流行地域では感染者数や志望者数が非常に多くなっています。1976年に初めて確認されていますが、感染したチンパンジーから人にエボラ出血熱のウイルスが感染したと言うことが非常に多くなっています。これらの流行地域は、貧しい医療衛生環境となっており、ここで使われる注射器や、注射器の使い回しや家庭内での濃厚な接触が関係して大流行したと言うことが考えられています。最近の研究でエボラウイルスの宿主は、アフリカに生息しているコウモリであることが分かっています。症状のあらわれ方は次のようになっています。潜伏期間は2日から21日となっており、血液を介しての感染力が非常に強くなっています。針を刺した際の事故ではほぼ100%の確率で感染するとされています。症状は発熱や悪寒や頭痛や筋肉痛、このほかには聞けや嘔吐や腹痛や咽頭痛や下痢になります。吐血をしたり下血をすることもあり、意識障害も発症します。死亡率は非常に高く50%から90%となっています。効果的な治療方法はなく、対処療法になります。最近の流行に関しては、WHOでリベリアにおいては終息が宣言されています。