日本でエボラ出血熱の陽性反応

今ではあまりメディアに取り上げられることが少なくなったエボラ出血熱ですが今でも検査は実行しており、最近でも感染の疑いがある人には血液検査などの検査を実行しています。しかし陰性反応が出る場合が多く感染していないというほうが多いのも現実です。感染者がいないことに越したことはないですが、いずれ日本にも上陸するだろうと予測されています。これはエボラ出血熱が流行している国やその付近などの国に訪れた際に感染すると言う場合が多いです。 また帰国後に40度近い熱を発症し、検査をして陽性反応が出たという事例もあります。しかし陽性反応が出たとしても必ずエボラ出血熱ということではなく、他の病気の可能性もあります。日本では感染者をこれ以上増やさないためにも検査を強化しています。 感染しないためにはまず旅行などで外国に行く際にしっかりと下調べをして、流行していないのかというのを判断する必要があります。最悪の場合死に至ることもあるので注意が必要です。



日本のエボラ出血熱に対する水際対策

西アフリカで多くの汗腺が見られたエボラ出血熱ですが、国内に入ってこないように日本ではエボラ出血熱に対するしっかりとした水際対策が行われています。日本では実際にどのような水際対策が行われているのかというと、西アフリカで流行が続くこの国内観戦を防ぐために、空港などでの対策が強化されています。たとえば検疫所でポスター掲示を行ったり、航空機の機内放送を利用して、...もっと見る