日本のエボラ出血熱に対する水際対策

西アフリカで多くの汗腺が見られたエボラ出血熱ですが、国内に入ってこないように日本ではエボラ出血熱に対するしっかりとした水際対策が行われています。日本では実際にどのような水際対策が行われているのかというと、西アフリカで流行が続くこの国内観戦を防ぐために、空港などでの対策が強化されています。たとえば検疫所でポスター掲示を行ったり、航空機の機内放送を利用して、旅行者に繰り返し注意を呼びかけたりしています。このほかに企業や大学でも対策を取っています。したがって国内で感染者が出る可能性が非常に低くなっています。また必要以上におそれることで混乱を引き起こしてしまうので、医療関係者は冷静な対応を呼びかけています。空港ではギニアやリベリアやシエラレオネやナイジェリアに滞在していたという人に対しては、検疫官に伝えるように促しています。このような放送が日本語以外に英語でも繰り返し流されています。世界保健機関がエボラ出血熱の緊急事態宣言を出したと言うことで、厚生労働省が全国の検疫所に対して強化を支持すると言うことも行われています。また空港で体調不良を訴えた人に対しては健康相談室への立ち入りを求めています。海外感染情報コーナーでは、情報提供も行っています。大学でも渡航する際は慎重な判断をするように呼びかけたり現地法人を持つ企業では、状況が改善するまで渡航を自粛するなどの措置がとられています。このようにさまざまな対策が行われています。